テレビのない生活が10年を過ぎたので振り返る

blog

はじめまして。conocono.dです。
気付けばテレビの見ない生活を送り始めて10年が経過していました。

もう立派なテレビレスライフのプロフェッショナルです。

私にとってテレビレスライフは普通そのものですが、家にテレビがないことを人に話すと驚かれます。

とは言え、引かれることはありません。

まだまだテレビが主要なエンターテイメントかもしれません。


そこで、テレビを卒業するか迷う方々のために、メリットとデメリットをまとめました。

スポンサーリンク

メリット

 1日が無駄にすぎていかない

テレビをつけて、面白い番組というわけでもないのに、ぼーっと見てしまう。
あれ?もう夕方。今日、何もしていない!!
そんな生活がなくなりました。

これは生活において大きな差が生まれます。

これの番組が終わったら外出しよう、とか、後回しが重なりません。
思い立った時に行動にうつせます。

 空間の自由度が上がる

部屋の空間構成を考えるとき、テレビがあるとどうしても制限がでてきます。

 テレビが見える位置にソファを置こう。
 コンセントの位置のそばにテレビがほしい。
 ダイニングテーブルから見える場所で。
 テレビ台が必要だな。
 ブルーレイ等のコードが裏でごちゃごちゃ。
 窓の反対側にあると反射する。

テレビがなければすっきり!

好きに模様替えもできます。
あと、ずぼらな私としては、埃がたまる細かい掃除場所がひとつなくなります。

そもそも、お洒落なインテリアのカタログにはテレビのある「絵」が少ないです。

お洒落に暮らすなら、テレビレスライフ。

 NHK受信料を節約できる

受信料、積もり積もれば大金ですよね。

実は、一度も支払ったことがありません。
大学入学して実家を離れているので、そのままテレビレスライフの始まりです。

なんたって大学生が生活する部屋、狭い!!!

受信料についてNHKさんがいらしたこともあります。
威圧的ですが、説明して理解してもらいます。
今ですと、テレビの他に携帯やカーナビもチェックされるので、玄関先まで持ってきたり駐車場で案内したり。

ちなみに、NHKさんが威圧的すぎて、恐くて「家に入って確認しますか?」という流れにまでなりましたが、実際に入ることはありませんでした。

 家族間の会話が増え、夫婦間の喧嘩が減る

我が家の場合、夫の異常な集中力が問題になります。

夫は食事中にテレビがついていると、夢中になって食事する手が止まるんですよね。
私が話をしても空返事すらなく「聞いているのかゴルアアアアア!」ともなります。

喧嘩のない平和な日々を送るためにも、テレビは置かない方針となりました。

他にもリモコンの取合いや、休日にテレビの前から動かないとか、テレビは喧嘩のネタになりやすい危険な存在です。

 本を読むようになる

「流行のドラマが見れなくなることが不安」と思いましたか?

大丈夫です。
気になるなら原作を読むという手があります。

お金がかかると思うなら、図書館に行きましょう。

ドラマになるくらいなので、原作は面白いはずです。
ちょこちょこ入るCMや前回のあらずじなど、気付かない間に地味に時間を蝕まれています。

本は好きなときに好きなところまで読めます。
私は好きなキャストで勝手に想像して読むこともします。

デメリット

正直、テレビのない生活にデメリットと感じていません。

敢えて感じるデメリットになります。

 テレビの話題に参加できない

「昨日のアレ見たー!?」って会話したのいつだろう。
そうゆう雑談ってあまりしないのは、社会人になったからでしょうか。

「あいつ、あの時間テレビ見てたのか」

って何となく思われたくないんですよね。
もっとやる事ないのか?って。

イベントや結婚式の余興でまわりが大盛り上がりしている時に、面白さ半減していると思います。
マイナスな感情は感じたことがないので、長く続かない話題なんだと思います。

 子育てにはやっぱりEテレ

1歳児を育てています。

「テレビがあったらなぁ。」とは思います。

保育園でも保育士さんとの連絡帳に「わんわんの音楽が〜」と書かれていて、今後必要になる時はくるんだろうと思います。

「子供が保育園でテレビがないことで仲間はずれにされたら置こう」

これが家族間のノーテレビライフのゴールです。

 ニュースで取り上げられている顔がわからない

名前を知っているものの、どんな顔か知らないということがあります。

リスキーなのは指名手配犯の顔がわからないことでしょうか。

スポーツ選手や芸能人が目の前に歩いていても気付かないのは良しとします。

でも危険人物が目の前に現れた時、身を守れるようにネット上のニュースを見る上で意識スべき事かもしれません。

ラジオのある生活を楽しもう

ラジオ中心の生活の中で子育てをしました。

Googlehomeに一声かけて東京FMを聞く事が多いです。

上手な「ながら聴き」ができます。
子供と目を合わせながら情報がどんどん入ってきます。
唐突に、普段聞かないようなお洒落な音楽や懐かしい音楽に出会うことができます。

最近のラジオは参加型と言われています。
ツイッターなどオンライン上で視聴と同時並行で盛り上がる場があるので、一度ラジオで紹介されたハッシュタグを確認してみるといいですよ。

ちなみに息子が生まれてから、夕方はずっとスカイロケットカンパニーを聴いています。
本部長と秘書のやりとりが絶妙で、くだらない面白さがいい感じです。
https://www.tfm.co.jp/sky/

おわりに

いかがでしたか?

テレビレスライフに足を踏み入れる気持ちはできましたか?

大きな魅力は時間とスペースの自由度の向上です。

実際、私も最初はテレビっ子でしたが、今ではほぼ無音の中で生活しています。

些細な音や感覚に気付けると言ったら大げさですが、学生時代にもっと無音生活に慣れていたら勉強にも集中できていたのではないかと思います。

日常生活にテレビがないだけで、テレビのある家に行けばもちろん視聴します。
久しぶりに目にする芸常人が年をとっていることに感激したりします。

そして、DVDやアマゾンプライム、abemaTVにお世話になっています。

テレビ以外にもエンターテイメントが増えました。

沢山の選択肢の中から、自分の送りたい生活を選んで送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました