子供と沼津に行くならベルナール•ビュフェ美術館がおすすめ

blog

静岡県長泉町のクレマチスの丘にある「ビュフェこども美術館」へ行ってきました。

毎年、我が家は沼津市に行くイベントがあります。
2018年(去年)夏に息子が生まれたので行こうとしたところ、工事中でした。
念願のビュフェこども美術館!!

実際訪れてみて、ハイハイを始めた赤ちゃんから大人まで、体を使って楽しめるというのは本当でした。

歩き出しが遅かった1歳7ヶ月の息子と一緒に楽しんだ様子を報告しますね。

スポンサーリンク

ビュフェこども美術館の基本情報

ビュフェこども美術館は、ベルナール・ビュフェ美術館の館内、別館1階にあります。
お手洗い、こども用の手洗い場、授乳室があり、ベビーカーや車いすもエレベーターがあるので安心です。

無料駐車場

基本情報の「クレマチスの丘エリアマップ」を確認するとわかるのですが、クレマチスの丘は「クレマチスガーデンエリア」と「ビュフェエリア」の2つに分かれています。

今回私たちは、クレマチスガーデンでランチをしてからビュフェエリアへ歩けますので、天気がいい日は散策も楽しんで下さい。

クレマチスの丘でお洒落な食事をしよう

クレマチスには4つのレストランがあります。

  • プリマベーラ(イタリアン)
  • チャオチャオ(イタリアン)
  • テッセン(懐石料理など)
  • TREEHOUSE(カフェ)

子連れランチならチャオチャオがおすすめ

ちょうど良い気候で、子供連れなこともあり、テラス席をチョイス。
テラス席は手入れされた緑があり、6月は大きな白いあじさいが満開です。

子供用の椅子、コップ、お皿、スプーン、フォークを用意してくれました。
助かりますー!

この日はパスタとピザを注文。

私の食欲がなかったため、息子が一緒にピザを食べてくれました。
一品だけだと、男性の場合、ボリュームが少なく感じるかもしれません。

クレマチスガーデンエリアからビュフェエリアへ歩いてみよう

道路を歩いて行くことも、散策路を歩いて行くことも出来ます。

道路はひたすら坂でした。

散策路の場合は地面があるのでパンプスはおすすめできません。
ベビーカーも難しいでしょう。
抱っこ紐で歩いて、たまに地面を歩いてもらって、立ち止まって、、、30分くらいかかりました。

大変疲れますが、散策路は吊り橋をふたつ渡ります。
ゆらゆら、どきどき。
息子は初めての吊り橋に大はしゃぎでした。

ビュフェこども美術館で遊ぶ

手洗い場で手を洗って、靴を脱いで、靴棚へ。
素足で木のぬくもりを感じて、沢山歩いた足が休まりました。

1歳7ヶ月の息子にとって、今日一番のホットスポット。

「僕の空間だ!!」と言わんばかりに大興奮して突進。

素材を感じるおもちゃが沢山ありました。

その時は、0歳の赤ちゃんから小学生の子供までいました。
走りまわっている中に、小さなこどもがいると事故も起きるかもしれません。
小さな子供から親は目をはなさず、そばにいれば大丈夫です。

大きなうさこちゃんがいるんですけど?!

母親としてはブルーナボンボンという遊具が可愛すぎて心わしづかみされました。
木のお家にしまってあげると、可愛さ倍増。

3歳からの屋内遊具ですが、息子もまたがって喜んでいました。

6,000円超かぁ。
誰かの出産祝いに送りたい笑
いや、本当は私が欲しい。

子供部屋やリビングのインテリアの良いアクセントになると思うんです。

照明が暗いわけではないものの、私のカメラ技術では照度が足りず良い写真が残せませんでした。
きっとまた行きます。
その時は可愛い息子の笑顔を撮りたい!!!

まとめ

雨の日でも炎天下でも、子供が楽しめる室内スポットでした。

子連れ旅行でも是非足を運んでみて下さい。

ビュフェこども美術館は「こどもと美術が出会うきっかけづくりの場」。
美術館デビューがビュフェこども美術館だったら素敵ですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました